賃貸アパート生活の楽しみ方〜自分らしい空間づくり〜

Other site

賃貸住宅の破損箇所はアパート管理者に電話連絡する

賃貸物件で暮らすということは、あくまでも他人の所有する不動産で暮らすということですから、常に慎重さを意識しておくことが大切です。具体的に言えば、入居者にとっては、自分の所有財産ではないわけですから、もしも何らかの環境トラブルが発生したら、管理会社にすぐに連絡を入れてよいのです。所有者と管理者の責任なのだ、という気持ちを持っていて良いと思います。室内の破損箇所を見つけたら、どんなに些細なことでも電話で連絡してしまうことをオススメします。私がオススメしたいのは網戸のトラブルです。網戸は自分でも交換できますが、もしも網戸が破けているのを発見したら、管理会社に電話で連絡を入れます。もしも管理会社に、網戸の補修は管理会社の担当の範囲ではありませんと言われたら、それから自分で網戸の交換作業をすれば良いのです。管理会社に網戸の補修工事を断られるかどうかも確認しないで、自分から自発的に網戸の交換作業をしてしまうと、それは極端な場合は、自己責任になってしまうのです。アパートの網戸は、前の入居者の退去時に原状回復され巣に、そのままとされることが多いため、実は入居したばかりでも網戸の破損トラブルが発生することがあるのです。
アパートは古い木造建築だとしても、意外と生活環境とくに屋内環境は良かったりします。これは実際に暮らしてみるとわかるのですが、木造建築ですから湿度の調節がされやすく、マンションに比べると結露被害も少ないような気がします。マンションの場合は、断熱材が劣化していると結露が発生しやすいのです。屋内環境を暮らしやすい状態で維持するためには、扉、窓、網戸に注意しましょう。扉と窓は判りやすいと思いますが、網戸は意外と盲点になっているのではないでしょうか。特に最初から網戸が存在していない、という部屋は、本当は網戸があったのだけれども破損してしまい破棄処分されたという可能性もあります。ですから入居時に気づかなかったとしても、管理会社に電話で問い合わせてみましょう。網戸に関しては関与しないという回答が得られたら、網戸がないことが原因で発生するトラブルに関して、入居者は責任を負わなくて済みます。そして自己責任の範囲内と、自分の財産的な余裕の範囲内で防虫対策をすればよいというわけです。電話連絡を面倒がらなければ、入居者は環境トラブルの責任を押し付けられることがなくなります。

注目度がUPしている賃貸の情報はこのホムペがおすすめですよ!!

利用してよかった引越業者ランキング
1位やさか引越センター
2位フクフク引越センター
3位町の引越屋さん
4位赤帽
5位隆星引越センター
6位アクティブ引越センター
7位ハート引越センター
8位ハトのマークの引越専門
9位アリさんマークの引越社
ブックマークする この記事を共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2014 賃貸アパート生活の楽しみ方〜自分らしい空間づくり〜.All rights reserved.