ニキビを作らない生活習慣とは、次のような事が考えられるのではないでしょうか。 ・肌を清潔に保つ ・食生活を改善する ・ストレスを溜めない ・睡眠不足を改善する にきびができる主な原因は、アクネ菌が増えてしまう事です。 日頃から、素肌を清潔に保つよう心掛ける事が大切ですね。 また、洗顔ばかりに気を取られがちだといえますが、タオルや枕、シーツにも気を遣いたいものです。 それに、食生活の改善も、吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)防止には効果的です。 皮脂の分泌が過剰にならないようにする為にも、肉ではなく野菜中心の食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)に変えてみましょう。 特に、ビタミンを多く摂るようにすると良いですよ。 それから、ストレスは、美容にも健康にも良くありません。 人間関係や仕事のストレスから、ニキビが急激に増えてしまった経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)はないでしょうか? ほどほどの運動を取り入れるなどすることによって、上手にストレスと付き合うようにして下さいね。 寝不足でも身体はストレスを感じてしまいますし、何より肌のターンオーバー(目玉焼きを両面焼くことをこう呼びます)の周期が乱れてしまいます。 そうなると、肌の角質も段々と厚くなり、毛穴を塞いでニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)の原因となりますので、十分な睡眠が必要ですー